ぶるまにあん「犬と狼」お日様の匂いの中に、混じった臭いを追いかけたら、僕はタイムスリップしていたのかもしれない。

茨の道を足の裏から血を流して、僕らは生きているのでしょうか?
それでも、血が枯れ果てる前に、楽園に辿り着けるのなら、それでもいいのですが。
そんな所、現実にあるのでしょうか?

と、
悩めるモラトリアムな少年少女に訊ねられたなら、
局所に散在する自分にとっての楽園を、見つけられれば、現実に楽園は存在すると思えるさと、答えます。

それは現実世界の居心地の良い仲間のいる空間かもしれないし、
創作世界の中かもしれない。
大好きなテレビを見ている三十分でもいいだろうし、
メール友達のメールを読んでいる時間、でもいいし。
イヤホンを片っぽづつ分け合って、あの娘と音楽を聴いている時間でもいい。

どこか、
できうることなら、毎日。
自分の定めた楽園にいる時間があればね。
人は、楽しく生きられることだろう。

さ、
僕にとってのパラダイスは、
自分の性的趣向のマニアックのただなかで、
快感に打ち震えている瞬間です。

僕の、
フェチズム。
それは臭い、匂い、女性の身につけている下着やそれに類するもの。

てことで、
以下の漫画はドストライクなのです。
岸里さとしさんの少年フェティッシュ、
あれが僕の中の金字塔だけど、

頭の中がくらくらするような肉体から発する臭い、
その中で性的心音に鼓膜を破られたいのです。

下の作品は日焼け跡の眩しい陸上部の先輩と、匂いフェチなセックスを繰り広げます。
臭いにうずもれる先輩の表情がエロくてよい。

犬と狼

普通じゃない度 ☆☆☆☆
ヌケル度 ☆☆☆☆
愛してる度 ☆☆☆☆

愛してる度は主人公のキャラをってことです。
後輩相手なので言葉は荒っぽいが、怖くはない。
とても魅力的なキャラです。
漫画紹介はそんなに弾数がないのですが、時々やろうかと思います。
前のブログでやったものも含めてね。

夜に虚就く 掘骨砕三 奇想だらけで何もかもが普通じゃない。

漫画の紹介、単行本単位でこれをしっかりやるとかなり時間と労力使っちゃうんで、あんまりちゃんとはやりません。

サクッと紹介だけ。

掘骨さんの漫画は怖かった。
手を出すことが、下手すりゃ二十歳過ぎててもトラウマになりかねんと。
まともに、飯も食えなくなるかも。
そんなような意味で怖かった。
ホラーな怖さもないではないけど。

なにせ、人体改造やらキメラやら、蟲やら排泄物やら。
普通の人間が創作においてブレーキを踏むところでアクセル踏んでる。
あ、これはハンターハンターより引用。

どうしたって、創作を商業でやるならそこのブレーキの感覚って大事だと思うけど。
やり過ぎちゃ、誰も気味悪がって読んでくれないってことにもなりかねないし。
ただの露悪の露出狂にもなりかねない。

ただ、この人には可愛い絵柄っテ武器がある。
どんなに狂ったエログロ書いてても、キャラが可愛らしいのでそこが、視覚的にとがってない。

丸いので、十分殺傷能力のある作品なのに、刺さりが柔いので、僕みたいな心の弱い子でも読んでられる。

僕は下水街、を読んでないけど、その続編のハズのこちらの作品も、単独で十分面白い。

下水に、キメラの住人、下し屋他の商売人、元地上人、
独特の漢字づかい、「下し屋」「泥魚」「夜に虚就く」
の世界観の持つ、どんなファンタジー作品にも負けない異世界構築力の剛腕。
これは凄いです。
エログロではあるけど。
その世界があって、読んでる僕らを引っ張る。
ええ、ネバーエンディングストーリーのように、その中で冒険したくなる。

絵がメタクタに上手い。
生活の描き方も。

スプラッタな要素もあったり、蟲嫌いならそれだけで嫌悪するようなものも在るし。
ごく普通のセックスなんか一個もないけど。

なのに、通じてほのぼのホッコリした空気があって、読んでて気分が悪くなることは無いのが不思議。

中にダイヤモンドゲームが出てきて、あー、昔家族でやったなぁなんて、
三丁目の夕日のようなノスタルジーすら感じたりして。

まぁ、エロ漫画のレビューらしくないことばかり書いたけど、
普通じゃない漫画の代表格であり、視覚的エロさもあり。
ただ、この作品はそれよりも異世界彷徨の楽しみを堪能できる方が強い。
掘骨さんのヌケル漫画としては、はんぶん娘、あたりをお勧めしたい。


 夜に虚就く

普通じゃない度 ☆☆☆☆☆
ヌケル度 ☆☆☆
キャラの魅力度 ☆☆☆☆☆

石榴と茱萸、酢味噌他、魅力的キャラはたくさん。
濃いぶっ飛んだ表情もエロイセックス描写もあって、ヌケルっちゃ抜けますが。
ただ僕は、どうしてもキメラのセックスってのに抵抗があるのかも。



T.K-1「Fの誘惑」フタナリ少女は普通じゃない。

このところ、T.K-1さんの漫画が大好きになっています。
最初に興味持ったのは、好色少年のアンソロジーに入ってた「少年と祭り」
という作品でした。

この作品はモロのショタ漫画です。
褌姿の少年たちが乱交する漫画です。
僕はオナニーをする時、なんでかこの作品を思いだしながらすることが多くて。

やっぱり思春期の頃にエッチなことやってみたかったって願望のせいでしょうかね。

さて、単行本「Fの誘惑」
これにはその「少年と祭り」も収録されていますが、なんでかDMMでの取り扱いが終わっちゃってる。
ということで、今回の紹介は表題作の短編になります。

この作家さんの特徴は、その鍛えられた体の描き方。
ほぼ全キャラ腹筋も広背筋もバッキバキ。
自分のフェチを貫き通しているのでしょうか、特化具合が潔いです。
おかげでこちらは重なったフェチ心を存分に満たすことができる。

腹筋バキバキなフタナリ少女、いやらしいです。

そして作風の方の特徴はひたすらに和やかでハッピー。
これがいい。
仲良しさんが楽しくエッチに興じている。
殺伐とした雰囲気が一切ない。
読んでてその世界に埋没したくなるし、憧れすらする。

何かの部活動の部室、学校の屋上。
そこで、おちんちんの生える薬を飲んでフタナリになった少女が三人で絡んじゃう。

あっけらかーんとノリの良い少女。
淫靡なのに爽やかという作風が僕の壷ですね。

感じてる時にベロが出てる、これも特徴です。

「あーやりやがったなー」
「いーじゃんか」

この辺の女子校っぽい会話がテンポよく、センスを感じます。

終始和やかでエロエロ。本作ではストッキングもいい味となっている。

いつまでも続くその世界の一遍であると感じる漫画は面白いんです。
そんな、世界がちゃんとある。この人の漫画には。

普通じゃない度 ☆☆☆☆
ヌケル度 ☆☆☆☆☆
キャラの魅力度 ☆☆☆☆☆

 Fの誘惑

いい漫画です。ビジュアルの淫らさが抜群ですよ。

REDLEVEL10K&Kremakeversion 第三世界で会いましょう。

前回に続いてしんくうたつやさんの攻殻機動隊の同人作品です。
フルカラーで60ページのボリューム感たっぷりの一作。

なにやらSFチックなマシーンで電脳世界へ。
その世界で異形なる化け物にヌメヌメ触手やらなんやらでイカサレまくる。
慰安専用電脳空間。

いつかもしかしてこんなことできるようにならないかな。
これに近いことができるとするなら、明晰夢ってやつか。
これが自在にできるようになれば、漫画の電脳世界と同じことができそう。

自分は何回か経験があるんですが、その時は明晰夢って言葉知らなかったので。
勝手に自在夢って呼んでた。

あれは本当に面白いです。
夢の中で意識的に動けるんですからね。
ただ、その中で、自分好みの女の子登場させてエッチなことするってとこまではいけなかった。
あくまで、三的世界でウロウロできるってぐらいで。
あ、でも、そこにいた女性とキスはしたな。
ただ、その世界を自分好みに構築はできなかった。

漫画に関係ない話になってますね。
動画も漫画もそうですが、内容に関して忠実なレビューなんかは僕にはできません。
自分勝手なことを書くだけ。

フルカラーです。
ピンクなヒダヒダの中で二人の迫力ボディ熟女体型レディがドロドロに快楽に溺れています。

今作では手や足の表現が目立つ。
うん。絶頂に狂うと足は特に出ます。
指を開いたり、グーッと握ったり。

二人横に並んでアナルを犯されながら上目で涎たらしてる姿はたまらんですね。
「もっと肉穴を犯せ」
男っぽい言葉遣い
「きくうう」
快感を貪る獣な二人。
楽しそう。


 REDLEVEL10K&Kremakeversion;

REDLEVEL10K&Kremakeversion;

  REDLEVEL10K&Kremakeversion;

普通じゃない度 ☆☆☆☆☆
ヌケル度 ☆☆☆☆
キャラの魅力度 ☆☆☆☆

現実では起こりえない普通じゃ無さは高い。
フルカラーなのでよりアニメっぽく視覚的に楽しい。

REDLEVEL4/ぽりのしす 熟れたからだと異形のセックスは普通じゃない。 

ブログのタイトル通りに、エロ動画だけでなく漫画の方も紹介やっていく予定です。
一回目の今回は同人作品から。
二次創作ってそんなに明るくないです。
それよりはオリジナルの漫画を読もことの方が多いです。

好きな漫画家さんは、掘骨砕三や月野定規さん。
最近では男の娘モノ漫画にも目覚めている。

普通じゃない。をキーワードには据えておりますがその縛りはちょっと緩めにしていくかも。
じゃないと弾切れが早そうなので。

さて、しんくうたつやさんによる、攻殻機動隊の二次創作漫画です。
二次創作のエロ漫画を読む醍醐味は、その妄想世界がヴィジュアル的に見えること。

誰だって好きな漫画キャラでエッチな妄想はするでしょう。
それを視覚的に楽しめる。

ただ僕は士郎政宗作品って馴染みがないんです。
なのに、なぜこの作品が好きか。
オナニーの時にしょっちゅう思いだしてオカズにするか。

それは何と言ってもその濃さ。
肉感と、汁感と、奇想溢れるSF感と。異常なセックスと。
飛んでる女性の表情と。
まあ、濃くて淫らな漫画だからです。

まあ、終始ハイテンションな異常イキの繰り返し。
漫画らしい、巨乳にバキバキの腹筋もいいし。

表紙とサンプル画像でその雰囲気は伝わることと思います。

一回目はやっぱり好きな掘骨さんとかでいこうかとおもったけど。
じっくり書いてると長くなりそうだったので。
こちらにしてみました。

普通じゃない度 ☆☆☆☆
ヌケル度 ☆☆☆☆
キャラの魅力度 ☆☆☆☆

異形な造形のものもでてくるけど、プレイの異常さは控えめか。
オカズとしての破壊力はいいと思う。オリジナルに思い入れのある人ならもっと興奮するのかも。

さ、漫画もボチボチ紹介続けます。

REDLEVEL4
REDLEVEL4

REDLEVEL4
プロフィール
しんいちといいます。 結構たくさんのエロ動画を見てきました、そんな中から普通ではないものをピックアップ、拙い文章ながら紹介していきます。 リンクフリーですので、お気軽にどうぞよろしく、コメントもお気軽に。
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
淫乱オトコ女 京野明日香
フリーエリア
アダルト動画
 X 閉じる
MORK